Macでpyenvを利用したPythonの複数バージョン環境構築

Mac OSXにはPythonはデフォルトで2.X.Xがインストールされている。しかし、Pythonは3.X.X系にメジャーアップデートされており、大きな違いが存在している。バージョン2.X.X系と3.X.Xの間には後方互換がなく、ソースの書き方にも違いが有る。そのため、2.X.X系で動作していたプログラムが、3.X.X系では動作しない場合もある。したがって、複数バージョンを簡単に切り替えて使用できる環境構築がおすすめ!

pythonで複数バージョン環境構築

pyenvとvirtualenvを利用した複数バージョン環境

pyenvというPythonのバージョン切り替えツールをインストールする。さらに、同一バージョンで複数のライブラリを使用するような仮想環境を作成できるようにvirtualenvも同時にインストール

brewを利用しpyenvとvirtualenvを同時インストール

Mac OSXでソフトウェアのインストールと管理を便利にしてくれるHomebrewを利用yumapt-getのOSXバージョンです。導入されていない方は、別記事を参照(後日書きます。)

brewを導入していると以下のコマンドを叩くだけでインストール可能

pyenv環境でPythonを使用するため、~/.bash_profileに以下を追記
zshを使用している場合は、~/.zshrcに記載

pyenvで様々なバージョンのPythonをインストールとアンインストール

以下のコマンドでインストール・アンインストール

pyenvで使用するPythonのバージョン切り替え

pyenv global x.x.x または、pyenv local x.x.x でバージョンの切り替えができる
global にすると全体に、local にすると現在いるカレントディレクトリに反映される
shell にすると現在使用しているシェルに反映される
pyenv global system とすると、デフォルトインストールされているPythonに戻せる

pyenvに加えvirtualenv環境を使用した複数バージョンの管理

参考