CakePHP

CakePHP – Migrationを使ってデータベースを管理する方法

CakePHPでマイグレーションを使うには、プラグインを導入する必要があります。本記事は、マイグレーションプラグインを導入し、データベースをマイグレーションで管理する方法をまとめたメモです。

CakePHPでMigrationを使ってデータベースを管理する方法

CakeDC Migrationの導入

CakeDCが開発しているMigrations Plugin for CakePHPを利用する
以下のgitコマンドを叩き、sub moduleとして登録する

git submodule add \
git::github.com/CakeDC/migrations.git app/Plugin/Migrations

app/Config/bootstrap.phpにてプラグインロードを記述

CakePlugin::load(array('Migraions'));

初期マイグレーションファイルの作成

1. マイグレーションを管理するためのテーブルを以下のコマンドで作成

Console/cake Migrations.migration run all -p

2. 初期マイグレーションファイルの作成

Console/cake Migrations.migration generate -f

引数の-fはモデルが存在しないテーブルも含めたマイグレーションファイルを作成するため

3. データベースのスキーマファイルの作成

Console/cake schema generate –f 

データベースを変更しマイグレーションを作成する

1. SQLで直接テーブルを作ってしまう

2. マイグレーションファイルを作成する

データベースとの差分を見て自動的にMigrationファイルを作成してくれる

Console/cake Migrations.migration generate -f

参考

CakePHP2系でマイグレーションを利用する方法 | Ryuzee.com

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です