マーケティング

Google Analytics – 5/25までにデータ保持期間を設定して自動削除を防ぐ

2018年5月25日に、Google Analyticsのデータ保持の設定が有効化されます。データ保持の設定はデフォルトだと26ヶ月になっているので、全期間に変更しないと自動削除されてしまいます。

Google からの注意喚起

上記注意喚起がGoogle Analyticsの管理画面に表示されています。欧州で施行されたGDPRという個人情報保護に関する法律に対応するために提供される機能です。デフォルトの設定が26ヶ月になっているため、設定内容を変更しないと2018年5月25日から26ヶ月以上前のデータが削除され集計できなくなってしまいます。

詳しい内容はリンク先に書いてあるので、ここでは内容をまとめます。

  • 2018年5月25日から保持期間の設定に応じて月ごとにデータが削除される
  • データ削除したくない場合は、「自動的に期限切れにならない」を設定する
  • 新しいアクティビティのをリセットはONのままでよさそう。今まで通り、ラストタッチからの保持期間計算になる

設定を変更する手順

このオプションを設定するには、プロパティの編集権限が必要です。

  1. Google アナリティクスにログイン
  2. [管理] をクリックして、編集するプロパティに移動
  3. [プロパティ] 列で、[トラッキング情報] > [データ保持] をクリック
  4. ユーザーデータの保持: 希望の保持期間を選択
  5. 新しいアクティビティをリセット: スイッチをオンまたはオフ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です