Ruby on Rails

Ruby on Rails – WEBアプリケーションを作成するときの備忘録

「Railsで1からWEBアプリケーションを作るぞ!」となったときに、まず何すればいいんだっけ?と忘れがち。いつもチュートリアルを振り返っている気がするので、備忘録メモを残します。

0. gem と rails のupdate

1. 新規アプリケーションを作成

-Tオプションをつけると、Test::Unit用のファイルを生成しない(RSpecを使用するために使う)

2. Gemfileを編集してインストール

Gemfileを編集

bundlerの実行

アプリケーションに必要なgemをインストール及びインクルードしていく
これを管理しているのがGemfile
PHPにおけるcomposer.jsonのようなもの
Gemfileにインストールしたいgemを書いていって、最後に以下のコマンドを叩く

3. Gitのバージョン管理下に置く

4. herokuにデプロイ

RailsのデフォルトのページはHeroku上ではうまく表示されない仕様になっている
hello, wold! を出力してみる

app/controllers/application_controller.rb

config/routes.rb

5. ログイン機能を実装

Ruby on Rails – deviseを使ってユーザの認証機能をカンタン実装を参考に

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です