FuelPHP

FuelPHP – Mac OSXにインストールして爆速でローカル環境構築する方法

前回の記事で、FuelPHPという「圧倒的にシンプルな」フレームワークの魅力について簡単にご紹介しました!

FuelPHPの魅力を実際に体感するには動かしてみるのが一番です。

今回は、「爆速」をキーワードにFuelPHPをMacにインストールしてローカル環境を構築していきます。

前提条件

  • MAMPがインストールされていること
    • バージョン3.4
    • PHP 5.5.26
    • Apache
    • MySQL

ローカル環境の構築は爆速を意識してMAMPの利用を前提とします。

MAMPをインストールしていない方は、「MAMPを使ってMacのローカルにLAMP環境を爆速で構築する方法」を参照下さい。

MacにFuelPHPのインストール

Macを使っている方はとーーってもカンタンにFuelPHPをインストールすることができます。
早速、設定していきましょう!

1. /usr/bin/oilコマンドのインストール

以下のコマンドを叩くと、oilっていう魔法コマンドを使えるようになります

curl get.fuelphp.com/oil | sh

2. FuelPHPのインストール

フォルダを作業場所~/work(お好きなフォルダに)に移動してからoilコマンドを叩くとFuelPHPのソースコードが自動でダウンロードされる

oil create fuelphp.test(フォルダ名)

ここの作業はGitHubからクローンしてもできますが、oilコマンドが圧倒的に楽です

3. Apacheの設定

fuelPHPのpublicフォルダのみhtdocs(公開フォルダ)に設置しましょう
シンボリックリンクを貼ります
以下のコマンドを叩いてください

ln -s ~/work/fuelphp.test/public /Applications/MAMP/htdocs/fuelphp.test

4. virtualhostの設定

ローカル環境なのでVirtualHostの設定が必要です
/Applications/MAMP/conf/apache/extra/httpd-vhosts.confに追記します

<VirtualHost *:80>
      DocumentRoot "/Applications/MAMP/htdocs/fuelphp.test"
      ServerName fuelphp.test
      ErrorLog "logs/fuelphp.test-error_log"
      CustomLog "logs/fuelphp.test-access_log" common
      Options -Indexes +FollowSymLinks
</VirtualHost>

/etc/hosts に以下を追記してApacheを再起動して下さい

127.0.0.1   fuelphp.test

4. composerをアップデート

FuelPHPではComposerでパッケージ管理をしています
初期アップデートをする必要があります

php composer.phar update

5. 動いているかどうかチェック

実はもうインストール完了です。
動いているかどうかチェックするために、http://fuelphp.testにアクセスしてみてください。

こんな画面が表示されたら見事インストール完了です!

6. gitで管理するためのおまじない

今後のために、gitのおまじないを唱えてリモートリポジトリを登録しましょう。

cd ~/work/tres
git init
git add .
git commit -m "first commit"
git remote add origin https://ユーザ名@github.com/ユーザ名/リポジトリ名.git
git push -u origin master
git checkout -b develop

開発用ブランチdevelopにチェックアウトを忘れずに(お好きなブランチをどうぞ)

まとめ

どうでしたでしょうか?こんな感じでFuelPHPは爆速でインストールすることができます。

インストールまで完了したので、次回は「FuelPHPで開発する上で最低限必要なルール」をまとめていきます!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です