FuelPHP

FuelPHP – プロジェクト作成後に忘れず行いたい初期設定

前回の記事では、Macのローカル環境に爆速でFuelPHPをインストールしプロジェクトの作成まで行いました。

引き続き、忘れずに行いたい初期設定をしていきましょう。

FuelPHPの初期設定

FuelPHPの設定ファイルは、”fuel/app/config”フォルダに設置されています。

|ファイル名 |説明 |
|config.php |メインの設定ファイル |
|db.php |データベース設定ファイル |
|routes.php |ルーティング設定ファイル |

FuelPHPにはproductionstagingdevelopmenttestの4つの環境がデフォルトで用意されている
fuel/app/config/フォルダ直下に置いてあるファイルが先に読み込まれた後に、各種環境下毎のフォルダ配下の設定ファイルが読み込まれる
各種環境毎に設定を変えたいときには、それぞれの環境毎のフォルダに設定ファイルを追加・修正していく

config.php

言語設定

'language' => 'ja',
'local' => 'ja_JP.UTF-8',

タイムゾーンの設定

'default_timezone'   => 'Asia/Tokyo',

ロギングの設定

'log_threshold'    => Fuel::L_ALL,

トークンソルトの設定
CSRF対策のトークンを生成するためのソルトを設定

パスワード生成(パスワード作成)
とかで生成

複雑な文字列を指定

'token_salt'            => '複雑な文字列',

development/config.phpの設定

開発環境でのみ読み込まれる設定ファイル

Debug::dump()メソッドが折りたたまれないようにする

<?php

// Debug::dump()の表示を折りたたまず展開して表示
Debug::$js_toggle_open = true;

return array();

プロファイラの設定

config/development/config.php

return array(
  'profiling' => true,
);

bootstrap.phpの設定

HTTPヘッダに文字コードを設定する
fuel/app/bootstrap.php

// set default charset
ini_set('default_charset', 'UTF-8');

データベースの設定

CREATE DATABASE `fuel` DEFAULT CHARACTER SET utf8;
CREATE DATABASE `fuel_dev` DEFAULT CHARACTER SET utf8;
CREATE DATABASE `fuel_test` DEFAULT CHARACTER SET utf8;

データベースの接続設定

fuel/app/config/db.phpに基本的な情報を入れる

return array(
  'default' => array(
    'type'           => 'mysqli',
    'connection'     => array(
      'hostname'       => 'localhost',
      'port'           => '3306',
      'database'       => 'fuelphp',
      'username'       => 'ユーザ名',
      'password'       => 'パスワード',
      'persistent'     => false,
      'compress'       => false,
    ),
    'identifier'   => '`',
    'table_prefix'   => '',
    'charset'        => 'utf8',
    'enable_cache'   => true,
    'profiling'      => false,
  ),
);

fuel/app/config/development/db.phpに開発環境用の設定をする

return array(
    'default' => array(
        'connection' => array(
            'hostname' => 'localhost',
            'port' => 3306,
            'database' => 'fuelphp_dev',
            'username' => 'root',
            'password' => 'root',
        ),
        'profiling' => true,
    ),
);

fuel/app/config/test/db.phpにテスト環境用の設定をする

return array(
    'default' => array(
        'connection' => array(
            'hostname' => 'localhost',
            'port' => 3306,
            'database' => 'fuelphp_test',
            'username' => 'root',
            'password' => 'root',
        ),
        'profiling' => true,
    ),
);

これでデータベースの設定が完了です

最後にgitにコミット

これまでの設定をgitに保存しましょう

git status
git diff
git add .
git commit -m "FuelPHP initial settings"
git push 

まとめ

本記事では、FuelPHPのプロジェクト作成後に行う初期設定方法をご紹介しました!

最初は、よくわからないと思いますが、まずは写経してみましょう。

動かしながらいろいろ覚えることが大切です。

次回は、FuelPHPに簡単な認証機能を実装していきます!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です