Python

Python – コマンドライン引数を扱う方法まとめ

sysモジュールのargv属性からコマンドライン引数を取得

sys.argvから取得
先頭は実行するファイル名が格納されていることに注意

# -*- coding: utf-8 -*-
import sys

# python command.py 10
params = sys.argv
argc = len(params)

print(params)
pritn(argc)
print(params[0])    # params[0]には実行するファイル名(`command.py`)が入っている
print(pramas)    # paramsから引数(10)が入っている

参考
[Python] コマンドライン引数を扱う – YoheiM .NET

argparseでコマンドライン引数を解析

argparseコマンドラインの引数を解析するためのモジュール
C言語のgetopt的なもの
似たモジュールにoptparseがあるがargparseの方が主流

TODO まとめる

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です