Editor

Java – Macでeclipse+Mavenの環境を構築しライブラリを簡単インストール

MavenとはJavaのプロジェクト管理ツールで、jarファイルのインストールを簡単にできるようになります!今回は、Mac環境にmavenをインストールして、Eclipseと連携し実際にjarファイルを追加する方法をまとめてみました!

Macでeclipse+Mavenの環境を構築しJavaのライブラリを簡単インストール

MacにmavenをインストールしてEclipseと連携する手順

新しいmavenプロジェクトを生成してEclipseと連携させ、ライブラリを追加していく

1. Macにmavenをインストール

mavenとはJavaのプロジェクト管理ツール
Jarのインストールを簡単に管理できるようになる

Macの場合、Homebrewでインストールするのが簡単でおすすめ

$ brew search maven
$ brew install homebrew/versions/maven31

maven3 (3.1.x) を Homebrew でインストールする手順 (Mac OS X) | WEB ARCH LABO

2. mavenコマンドを叩いてプロジェクトを生成

以下のコマンドを流す

$ mvn archetype:generate -DgroupId=com.st2one.プロジェクト名 -DartifactId=プロジェクト名

$ mvn clean install -Dmaven.test.skip=true
$ mvn eclipse:clean -Dmaven.test.skip=true
$ mvn eclipse:eclipse

生成したフォルダを指定して、eclipseでプロジェクトを追加

3. ライブラリを追加

追加したいライブラリをpom.xmlに書いて、3のコマンドをもう一回叩く

$ mvn clean install -Dmaven.test.skip=true
$ mvn eclipse:clean -Dmaven.test.skip=true
$ mvn eclipse:eclipse

mavenのローカルリポジトリにjarファイルを追加する

mavenのリモートリポジトリに登録されていない場合、ローカルリポジトリにjarファイルを追加することができる
そうすることで、すべてのjarファイルを読み込みを共通化することができる

myUtiilties.jarというファイルをインポートする例を以下に示す

mvn install:install-file -Dfile=/Users/st2one/work/java/activeauth/myUtilities.jar -DgroupId=com.st2one.myUtilties -DartifactId=myUtilities \
-Dversion=1.0 -Dpackaging=jar -DgeneratePom=true

Mavenリポジトリで提供されていないサードパーティJarをどうするか – sinsengumi血風録

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です