FuelPHP – 快適に開発するためのNetBeans環境構築

MacでFuelPHPを使って開発する際、NetBeansを使用するのがおすすめです。

普段使いなれているIDEやエディタがあるかたはそちらでOKですが、PHPがはじめてだったり、IDEやエディタにこだわりのない方は是非NetBeansを使ってみて下さい。

本記事では、NetBeansでFuelPHPを開発する際の、初期設定方法をまとめます!

NetBeansでFuelPHPプロジェクトを作成する手順と設定

1. NetBeansのインストール

NetBeans NetBeans 日本語サイト
からDownload

2. FuelPHPプラグインのインストール

ツールメニューからFuelPHPプラグインを選択し追加

3. PHPインタプリタの設定

Preference > PHP > 一般で、
PHP 5インタプリタ/Applications/MAMP/bin/php/php5.5.26/bin/phpとする

4. PHPデバックの設定

初期状態でOK

5. PHPUnitの設定

PHPUnitのインストールが完了していること
NetBeansのプラグインでFuelPHPが有効になっていること
PHPUnitスクリプトを ~/work/fuelphp/fuel/vendor/bin/phpunitに設定

6. FuelPHPプラグインの有効化

プロジェクトを作成し、右クリックでプロパティ
フレームワークを選択し、有効にチェック
FuelPHPの紫マークがフォルダに表示される

7. エディタの設定

右クリック > プロパティ > フォーマットから設定
FuelPHPのコーディング標準にあわせる
コーディング標準 – 概要 – FuelPHP ドキュメント
中括弧の位置を全部「改行」にすればだいたいOK

8. 自動補完の設定

プロジェクトを右クリック後、FuelPHP > 自動保管用ファイルの作成

9. PHPUnitの設定

プロジェクトを右クリックからのプロパティ
テストを選択肢、PHPUnitをチェック
フォルダの追加で ~/fuelphp/fule/app/tests を選択

10. デバックの設定

プロパティの実行構成にて詳細ボタンをクリック
デバックURLは毎回聞くに設定

まとめ

本記事では、NetBeansでFuelPHPプロジェクトを作成する手順と設定方法をまとめました!

FuelPHPの開発にはNetBeansを使うと非常に便利なので、是非使ってみて下さい。


もしよければ応援クリックお願いします
↓↓↓↓↓
にほんブログ村 IT技術ブログ IT技術メモへ